こんにちは。
ハートフル歯科のドクターM
本山です。

 

今回は、、、

「歯が割れている、ヒビが入っているかも…」

このような話を聞いたことはありますでしょうか?

ヒビのことをクラック(crack)と言います。
また、微小なものになるとマイクロクラックと言います。

神経がある歯にヒビが入ると、初期症状として

歯がしみたり、噛むと痛かったり、
症状が進行すると何もしなくてもズキズキ痛んだりと

神経の炎症症状を起こします。

また、神経がない歯の場合は破折部から細菌が入り込み、

歯肉が腫れたり、排膿することもあります。

歯が割れることはある日突然起きる事が多く、

確立した治療法もなく、非常に厄介な症状であると

言われております。

原因は、噛み合わせの力によるものであると思います。

生活歯=普通に無垢の歯でも歯ぎしりや食いしばりで破折することもあります。

また、金属の詰め物やかぶせ物のように天然歯と異なり、

磨り減りにくいために歯が負けて破折することもあります。

少し詳しく説明すると、天然歯は摩耗します。銀歯は、摩耗しないので装着後に時間が経過すると、相対的に高くなって行きます。結果、保険の銀歯治療では、歯根破折が増えてしまっているのが現状です。

噛み合わせの強い、もしくは歯の磨り減りが激しい

患者様にはナイトガードをおすすめしています。

ナイトガードについては、

下記のブログに書いてありますので

よろしければ参考にして下さい。

歯を救うために(22) ナイトガード

歯を失う原因の割合は歯周病が42%、むし歯32%、
その他13%、歯根破折11%、矯正1%という報告が

あります。

つまり、歯周病、虫歯、のリスクがない方、

歯は健康でなんでも噛める方にとっては

歯根破折が一番のリスクとなります。

 

症例です。

57才 男性 右下6番
右下6番の激しい痛みを訴え、来院。

レントゲン画像より、脱離箇所、欠損部位が

いくつかあります。
そのため、噛み合わせのバランスが悪いことが

分かります。

か

あ

打診痛があり、詰め物も脱離しており、

むし歯になっていました。

むし歯の除去を試みると近・遠心部における両隣接面に

破折線、マイクロクラックが顕微鏡下にて

確認できました。
そこから細菌感染して神経の炎症を起こしたと

推測できます。

レントゲンでは破折線を確認することができません。

通常、マイクロクラックのような破折などは

マイクロスコープのような顕微鏡による視認で

確認することができます。

また、今回の画像を見せることで痛みの原因を

患者様と共有することができます。

つまり、診断を患者様と共有することができるわけです。

そのため、納得して治療を進めることができました。

早速、右下6番の神経治療を行いました。
根管内から排膿も認められました。

次回以降、根管治療の続きを行なう予定です。

今後もマイクロスコープ画像でしっかり説明していきたいと思います。

痛みがある患者様は、緊急時には急患対応しております。

何かあれば御連絡下さい。

よろしくお願い致します。

 

“すべては患者様の笑顔のために”

 

本山 直樹

医療法人社団徹心会ハートフル歯科