こんにちは。
ハートフル歯科のドクターM
本山です。

 

今回は、、、

「むし歯?」「穴があいている気がする」「物がつまる」
このようなことありませんか?

患者様から比較的よく聞く主訴かもしれませんね。

今回は、「物がつまる」にフォーカスしてみましょう!

「物がつまる」ことの原因はいくつかあると思います。
考えられることを挙げてみました。

1. 歯に穴があいている場合

歯に穴があいて物が詰まる場合は、むし歯の可能性が

考えられます。

むし歯には、大人の歯に多く見られる進行が遅く

気づきにくい「慢性う蝕・停止性う蝕」があります。

色は黒く硬い状態のむし歯で、痛みを感じることは少なく進行がとてもゆっくり進むことが特徴です。

痛みがなくても黒くなっていたり、違和感を感じた場合は御相談下さい。

2. 歯に隙間がある場合

歯と歯の間に隙間があり、物がつまる場合があります。

歯周病で歯肉が下がり、歯と歯や歯肉の間に隙間が

できてる場合や、同様に歯周病で歯がぐらついて
動揺することで隙間ができてる場合があります。

歯周病の場合は、歯周病治療だけで隙間が

埋まるところまで改善することは難しい部分もあります。
基本的な対応策としてはブラッシング方法の改善、

歯間ブラシやフロスの使用をおすすめいたします。

3.つめ物が合ってない場合

つめ物やかぶせ物が不適で合っていなく段差があり、

そこに物がつまりやすい場合があります。
この場合はやり直しが最善の治療方法と言えるでしょう。

4. 歯並びの問題

歯並びの問題で歯が重なっているような場合には

物がつまってきたり、つまると取れにくいです。
矯正治療もしくはブラッシング方法の指導を

おすすめします。

当院ではマウスピース矯正を行っています。
ワイヤー矯正でよくあるブラケットやワイヤーによる

清掃困難な状況も起こらないため、
むし歯リスクも少なく、おすすめです。

 

それでは、「むし歯で穴があいて物がつまる」症例です。

30才 女性 右下5番
歯に穴があいている
物がつまって痛い

この患者様はお久しぶりの来院でした。

w

術前レントゲン写真です。
レントゲン画像を確認すると、右下5番において

神経に達する深いむし歯があります。

レントゲン診断、むし歯の進行状況、自発痛より判断して

神経治療を行いました。

u

根管治療用器具を根管内に挿入して、

根の長さの確認を行います。

このように必ず途中のステップを確認しながら
根管治療を行っています。
根の長さを正確に確認するのは、
過不足なく最終的なお薬を入れるためです。
保険内では、EMR=電気的根管長測定器だけで
根管長を測定します。
自費診療になりますが、アメリカの根管治療専門医の
プロトコールに従ってレントゲンで何度も何度も
確認しながら治療を行っています。
ハートフル歯科では、自費での根管治療も行っております!
自費の根管治療に必須な術中レントゲンを行うために、特別にレントゲン室内に治療イスを設置し、
根管治療専用の治療室を作りました。
そこでは、ラバーダム(ゴムのマスク)装着中でも確認のレントゲンを撮影が可能になっております。
アメリカ式でレントゲン写真で確認しながら治療を行っていきます。
アメリカでは、レントゲン室が必要ありません。割と簡単に撮影が可能です。(歯科医師法での規定が日米で異なります。)
治療途中のステップでのレントゲン確認作業は、アメリカの根管治療では、必須といわれています。
しかし、保険のルールでは、レントゲンをそんなに何回も撮影が出来ません。
また、レントゲン室に移動して撮影する環境では、歩いている途中で唾液が根管内に侵入して、唾液の中に含まれる細菌に感染してしまうのでレントゲン室に治療椅子設置も必須事項となっています。
レントゲン対応の治療イス、
何度も確認しながらの治療、
マイクロスコープ、
根管治療用の専用器具を使い捨てで使用していきます。
最終的に詰めるお薬も米国で使用されている最新式のマテリアル(保険適応外)を使用します。
自費の根管治療でも、色々な器具を使用します。
保険内では、その全てを滅菌しながら使用するのですが、ファイルという器具(手用の根管治療用の針型のヤスリ)に関しては、切れ味、器具の破損を防止するために自費の根管治療では新品の器具を使用しています。切れ味、器具の破損防止は、重要です。
どうしても、保険内治療でまかなえない部分があるため、自費の根管治療のメニューが必要となっています。
お気軽にご相談下さい!

y

根管充填後です。
現在は銀歯のかぶせ物を装着してメインテナンスにて

経過観察中です。

今回のケースは、
むし歯が慢性的に進行して歯に穴があいてしまい、自発痛がでたことで来院され

神経治療になってしまったケースでした。

 

普段からお痛みがなくても定期的に歯科検診、

メインテナンスを行うことで

むし歯予防につながっていきます。

メインテナンスはとても大切です!

患者様は歯の健康に気をつかう。
私たちは歯の健康を守る。

両者の関係性が非常に重要なことであると

言えるのではないでしょうか…

 

“すべては患者様の笑顔のために”

 

今後ともよろしくお願い致します。

 

本山 直樹

医療法人社団徹心会ハートフル歯科