こんにちは。

東京都三鷹市ハートフル歯科の本山です。

今回は、「歯根破折」について
書きたいと思います。

歯根破折とは、歯を支えている根の部分に
ひびが入り、割れてしまっている
状態のことです。

このような場合、破折部分から細菌感染が起き、
炎症を起こします。
歯肉が腫れ膿の袋ができたり、
違和感やまた被せ物などがグラグラするなどの
症状が見られます。
歯が動揺しているのは破折しているため、
被せ物と歯根が接着できなくなっているためです。

しかし、破折は小さなひびから
大きなものまであります。
レントゲンでもなかなか判別できないものが
多く見られます。

   

実際には、マイクロスコープで
視認するしかありません。

下の写真は、
最近歯がグラグラするようになってきた
ということで来院された患者さんの
上顎前歯です。

金属製の土台にセラミックの被せ物が
入っていました。
被せ物と土台を除去してみました。

   
 

やはり、根が割れていました・・・

金属製の土台は、歯質に比較して
強度が強く弾性がないため、
応力が集中すると歯根破折を起こしやすい
と言われています。

ハートフル歯科では、金属製の土台ではなく
ファイバーコアを使用しています。

このような破折は残念ながら根管治療で
救うことができません(泣)

ただ残念ではありますが、
マイクロスコープによって
画像説明が可能なので、
患者さんにもご理解と納得して
いただけるのではないかと思います。

しかし、ご安心下さい!

ハートフル歯科では抜歯後のフォローも
できる設備とドクターの技術があります。

破折の診断ができるのは、
マイクロスコープによるところが
大きいと言えます。
そして、歯を失ってしまうかもしれませんが、
天然歯と同じように咬むことのできる
インプラントがあります。

ハートフル歯科では最先端のCTを導入しており、
インプラントから被せ物までをコンピューター上で
全てシュミレーションできます。
また、それによって安心・安全なガイドを使用した
手術も行うことができます。

根管治療で全てを救うことには限界があります。

しかし、ハートフル歯科ではそれを補って
余りある設備と技術があります。

“すべては患者様の笑顔のために”

今後ともよろしくお願い致します。

医療法人社団徹心会ハートフル歯科