こんにちは。

ハートフル歯科のドクターM
本山です。

 

前回の続きです。
今回は実際の症例について書きたいと思います。

43才 男性 右下6・7番
他院にて右下6・7番においてむし歯があり、

神経治療の必要性ありと診断されたそうです。

右下6番は他院にて銀歯を除去して

一部むし歯治療まで行ったが、
むし歯が深いため、このままむし歯を削除していくと

露髄(神経の一部が露出すること)すると言われたそうです。

当院で診査・診断した結果、

自発痛はなく、電気診(+)であり、

神経が生きていると診断しました。

今回は右下6番の部分的断髄法を行いました。

h

術前レントゲン写真です。
右下6番は神経の入り口まで近接しています。

また、右下7番は銀歯の中のむし歯が神経近くまで

広がっている状態が確認できます。

あ

術前口腔内写真です。

右下6番は他院で施術しているコンポジットレジンが

入っています。

右下7番は銀歯と歯質の境界部に段差があり、

また歯質がむし歯によって黒く透けていることが

確認できます。

か

コンポジットレジンを除去後です。
むし歯を染め出す液を使用すると、

下図のように染まります。

か

むし歯が残っているのが分かります。
染め出されているところを徹底的に除去します。

あ

むし歯を徹底的に除去していくと神経の入り口まで

到達しました。
プルプルっとした感じのものが神経です。

あ

暗赤色です。
状態としてはあまり良くないかもしれません。
経過観察が重要になります。

あ

遠心根の神経の一部を切断(断髄)後、

MTAを充填しました。

q

術後レントゲン写真です。
MTAが遠心根の神経2mmぐらいを断髄したところに

充填されているのが確認できます。

か

二重仮封を行い、初回の治療は終了となります。

次回はセラミック治療(1 Day Treatment)を行い、

その後右下7番の生活歯髄療法施術予定です。
また、右下6番は今後、経過観察を行っていきます。

経過観察としては、年に4回くらい、一般的な定期清掃(バイオフィルムの除去)と歯の生活反応を診たりする必要があります。

生活反応とは、レントゲン撮影、電気診など(別記URL)歯髄診断のことを指します。

根の先に膿がいつの間にかできてしまい、

予後が悪ければ神経治療を行うこともあります。

神経が徐々に死んで行く。割れてしまう。など

結果、数ヶ月から数年で神経治療を行うこともあります。

しかし、当院ではなるべく神経を残したいという思いで、毎日の診療に努めております。

多くの方は、この治療を通じて、神経を残す、保存することが可能になります。

生活歯髄療法は、必要な治療法だと認識しています。

最後にこの治療は保険適用外治療となりますことを

ご了承下さい。

 

“すべては患者様の笑顔のために”

 

今後ともよろしくお願い致します。

 

本山 直樹

医療法人社団徹心会ハートフル歯科